【サイト名.com】トップ > 市販でホワイトニング

最近では、ポリリン酸など

最近では、ポリリン酸など、物理的に汚れを削り取るというよりは、化学的に分解してしまおうというタイプの製品が市販され、シェアを拡大している模様です。
現状、日本では薬事法の規定があり、歯科などでのホワイトニングで広く使われている過酸化水素や過酸化尿素を、市販品に配合することは禁止されています。
それでも、海外からネットで購入することは可能ではありますが、使用に当たっては、歯科医に相談してからの方が無難でしょう。
国産にせよ輸入品にせよ、市販品を扱うのは通常、自己責任であるので、ホワイトニング開始前に説明書をよく読み込み、用量・用法は厳守するのが原則です。
特に、薬剤が歯肉など、余分な部分に付着させないよう注意を払い、万が一、異常事態が発生したら、すぐさま歯科へ駆け込むのが最善策です。

歯の着色汚れと言っても

歯の着色汚れと言っても、その内容はさまざまですが、単に歯表面が汚れているだけと胃のであれば、歯磨き粉やジェルなど、市販のホワイトニング剤で一定の効果を上げることは可能でしょう。
審美歯科で施術してもらうよりも、費用が安上がりだし...ということもあり、ネット通販でも人気商品にランキングされている模様です。
ホワイトニングに着手するに当たり、ドラッグストアなりネット通販なりで、市販品を購入することから始まりますが、何れにしても最初に当該の製品のタイプを把握しておくことが必要です。
例えば、研磨剤で歯表面を削るタイプの歯磨き粉は、磨き過ぎればエナメル質が過剰に削れて薄くなり、象牙質が透けて見えるまでになると、歯が黄変し、ホワイトニングどころか逆効果になることがあるのです。