【サイト名.com】トップ > ホワイトニング歯ブラシ

ホワイトニングは、歯ブラシの持ち方

ホワイトニングは、歯ブラシの持ち方も重要なポイントです。
大方、手で握るように持って磨く人が多いと推察されますが、これだと余分な力が入り、歯や歯肉に大きな負担がかかります。
正しい持ち方は、ペンや鉛筆を持つような形です。
大多数の人にとっては、馴染のない持ち方でしょうから、慣れるまでは歯の奥や裏側は特に磨きにくいと感じるでしょうが、習熟すれば適度な力の入れ具合で磨けるので、歯や歯肉にも優しい磨き方です。
歯ブラシは消耗品であり、交換時期のことにも十分に留意したいところです。
ホワイトニングに限らず、毛先の広がった状態で使い続けては、歯磨き効果が激減します。
1週間毎にと言いたいところですが、費用的に無理という向きも、せめて1か月を目途に交換時期としたいものです。

ホワイトニングは、歯磨き粉やジェル

ホワイトニングは、歯磨き粉やジェルの良し悪しの方ばかりに目が行きがちですが、歯ブラシにも細心の注意を図りたいところです。
材質、大きさなど、自分にとってベストの1本を選ぶことが、成功へのカギとなります。
歯ブラシの毛の硬さは、やわらかめ、ふつう、かための3分類が一般的ですが、ホワイトニングを主眼とするなら、ふつうが適当です。
かためだと歯表面や歯肉が傷付きやすくなります。
反対に、やわらかめだとブラッシングの手に力が余計に入り、これまた歯や歯肉にとって負担増となります。
結局、ふつうタイプだと適度な力で効果的に歯を磨けるのです。
歯ブラシのヘッドの大きさは、人差し指の指先から第一関節までの長さが適当とされていますが、ホワイトニングには少々小さめの方がベターです。
小回りが効いて、小刻みに効果的にブラッシングができます。