【サイト名.com】トップ > 歯の自宅ホワイトニング

その代わり、ホワイトニング効果が長持

その代わり、ホワイトニング効果が長持ちするメリットがあります。効果の持続期間は、オフィスホワイトニングが3か月から半年程度であるのに対し、自宅組は1、2年ほどと、コストパフォーマンス的にも申し分ありません。
歯の自宅ホワイトニングは、費用が比較的安く抑えられるのもメリットです。
初めこそ、マウスピースの作成に費用がかかりますが、ひな形を一度作ってしまえば、後は薬剤や検診に対する支払いだけになり、ランニングコスト的には十分引き合います。口コミや体験談を見るに、費用は初回が3万円ほど、後は1回につき5千円辺りというのが相場であるようです。
歯の自宅ホワイトニングは、自分の裁量による部分が大きいので、注意深く進める必要があります。
特に、医師から指示された用量や回数を厳守することは絶対です。
早く効果を得たいと一度に大量に使ったりしては逆効果になり、知覚過敏など副作用の引き金となることさえあります。

忙し過ぎて歯科へ通うのがままならない

忙し過ぎて歯科へ通うのがままならない、費用を安く上げたい、などのユーザーの需要の高まりもあって、歯の自宅ホワイトニングは、今ではかなりポピュラーな方法です。
今や白い歯は、身だしなみの一つとして重要度は高まる一方です。
歯の自宅ホワイトニングは、審美歯科などで最初に自分用のマウスピースを作成してもらえば、後は通う必要は原則としてありません。
定期的に、薬剤を注入したマウスピースを装着し、数十分から数時間、薬剤が歯に当たっている状態をキープするのです。
審美歯科でのオフィスホワイトニングが即効で効果が見込めるのに対し、歯の自宅ホワイトニングは、効果が現れてくるまでに時間はかかります。