【ベジーデル酵素液】トップ > 歯のホワイトニングと痛み > 歯のホワイトニングの際

歯のホワイトニングの際

歯のホワイトニングの際、全く平気という人もいれば、痛みがひどくて耐え難い思いをする人もいると言います。
同じことをしているのに、世の中は不公平なものと愚痴の一つも聞こえてきそうです。
歯のホワイトニングで痛みを訴えるのも、結局は個人差によると言えそうです。
例えば、歯にひびが入っていたり欠けていたり、歯表面のエナメル質が薄くなっていたりした場合、歯を漂白するための薬剤の影響で、歯がしみるように痛くなる傾向があります。
他に、過去に治療した歯で、詰め物と歯に隙間がある場合も、歯がしみることは多いようです。
また、健康な歯の持ち主でも、歯のホワイトニングで痛みを感じることはあります。
ただし、このしみるような感じも、長くとも24時間以内には治まるのが大半なので、まずは心配無用です。
どちらにしても、歯のホワイトニング実施直後は、歯のバリアが取り除かれ、外部からの刺激に対し、無防備な状態になります。
痛みを避けるためにも、24時間は、熱いものや冷たいものの摂取は避けるのがオススメです。

……この記事の全文をみる
歯のホワイトニングと痛み

前の記事 | 次の記事

関連記事