【ベジーデル酵素液】トップ > オフィスホワイトニング > ただ、こうしたメリットは

ただ、こうしたメリットは

ただ、こうしたメリットは、一面ではデメリットになり得ます。薬剤が強めということは、歯肉への刺激が強くなることでもあり、オフィスホワイトニングでは、術後に知覚過敏に陥るケースは、かなりの高率で認められるのが現状です。
強い刺激が敬遠され、時間はかかっても良いから、もう少し穏やかなものをと、ホワイトニングを自宅で行うホームホワイトニングという方法が編み出された経緯があります。
日本では、オフィスホワイトニングが主流ですが、ホワイトニングの本場アメリカでは、ホームホワイトニングの人気は非常に高いと言います。
それでも、オフィスホワイトニングは即効で効果が上げられるので、やはり有望な選択肢です。
費用の方も高くなり、1回5万円など、保険が効かないので負担は大きいが辛い所です。ホワイトニング効果の持続期間は、3か月から半年といったところが標準的な線です。

……この記事の全文をみる
オフィスホワイトニング

前の記事 | 次の記事

関連記事