トップ > 2013年3月

自宅でホワイトニング.com

新着情報【2013年3月】

「芸能人は歯が命!」と平成生まれには馴染みの薄い、某歯磨き粉を皮切りに、今では一大市場を形成しています。 最近でも、分割ポリリン酸入りなど、評判の高い新成分配合など、進化を続けています。 本格的に歯の「美白」効果を上げたい向きには、審美歯科などで丸投げで取り組むのが賢明策です。 自宅でホワイトングを...

自宅でホワイトニング[2013年3月15日UP!]

芸能人や女子アナのような白く輝く歯を手に入れるには、実績のある審美歯科で処置してもらうと手っ取り早いのですが、自宅でホワイトニングという選択肢もあります。 イメージ的には、歯表面に色落ちしにくいマニキュアを塗るようなものでしょうか。 自宅でホワイトニングをするには、大きく2つの方法があります。 市販...

自宅でホワイトニング[2013年3月15日UP!]

その代わり、ホワイトニング効果が長持ちするメリットがあります。効果の持続期間は、オフィスホワイトニングが3か月から半年程度であるのに対し、自宅組は1、2年ほどと、コストパフォーマンス的にも申し分ありません。 歯の自宅ホワイトニングは、費用が比較的安く抑えられるのもメリットです。 初めこそ、マウスピー...

歯の自宅ホワイトニング[2013年3月15日UP!]

忙し過ぎて歯科へ通うのがままならない、費用を安く上げたい、などのユーザーの需要の高まりもあって、歯の自宅ホワイトニングは、今ではかなりポピュラーな方法です。 今や白い歯は、身だしなみの一つとして重要度は高まる一方です。 歯の自宅ホワイトニングは、審美歯科などで最初に自分用のマウスピースを作成してもら...

歯の自宅ホワイトニング[2013年3月15日UP!]

歯のホワイトニングで痛みが続くようなら、早めに歯科医に当たるのが賢明です。 セカンドオピニオンということで、他院にも当たることも必要になるかもしれません。 自宅でもフッ素入りの歯磨き粉が効果的との口コミがあり、試してみる価値はありそうです。 今や、分割ポリリン酸配合など、あまり歯にしみないタイプの薬...

歯のホワイトニングと痛み[2013年3月15日UP!]

歯のホワイトニングの際、全く平気という人もいれば、痛みがひどくて耐え難い思いをする人もいると言います。 同じことをしているのに、世の中は不公平なものと愚痴の一つも聞こえてきそうです。 歯のホワイトニングで痛みを訴えるのも、結局は個人差によると言えそうです。 例えば、歯にひびが入っていたり欠けていたり...

歯のホワイトニングと痛み[2013年3月15日UP!]

最近では、ポリリン酸など、物理的に汚れを削り取るというよりは、化学的に分解してしまおうというタイプの製品が市販され、シェアを拡大している模様です。 現状、日本では薬事法の規定があり、歯科などでのホワイトニングで広く使われている過酸化水素や過酸化尿素を、市販品に配合することは禁止されています。 それで...

市販でホワイトニング[2013年3月15日UP!]

歯の着色汚れと言っても、その内容はさまざまですが、単に歯表面が汚れているだけと胃のであれば、歯磨き粉やジェルなど、市販のホワイトニング剤で一定の効果を上げることは可能でしょう。 審美歯科で施術してもらうよりも、費用が安上がりだし...ということもあり、ネット通販でも人気商品にランキングされている模様...

市販でホワイトニング[2013年3月15日UP!]

ミュゼのホワイトニングは、医師を始めとするスタッフが女性のみで構成され、女性にとっては安心感をいやが上に高めてくれます。 「1歯500円ワンコインホワイトング」のキャッチコピーは、口コミなどですでに評判高く、激安のデンタルエステとして堂々たる存在感を示しています。 ミュゼでは、「ポリリンホワイトニン...

ミュゼ ホワイトニング[2013年3月15日UP!]

ポリリン酸を使う方法は、従来と違って、煙草やコーヒーなどはご法度といった食事制限は一切ありません。 従来の、高い、痛い、制限が多いなどといった、ホワイトニングに対するマイナスイメージは、ミュゼでは全くもって無用の長物と言わんばかりです。 分割ポリリン酸は、歯のバリアとなり、ステイン(歯の着色汚れ)が...

ミュゼ ホワイトニング[2013年3月15日UP!]

1回につき、マウスピースを装着する時間はケースバイケースですが、数十分から2時間程度というのが標準的な線であるようです。 用量・用法を守り、正しく使っていれば、2週間ほどで効果が現れてくると言います。 歯科医院では、効果を即効で上げるため強い薬剤が使われますが、自宅でのホワイトニング用には、弱めのタ...

マウスピース ホワイトニング[2013年3月15日UP!]

ホワイトニングは歯科医院で施術してもらう他、自宅でも実施可能ですが、その際、マウスピースが必要となります。 漂白のための薬剤を、効率良く歯に浸透させるための器具として、重要な役割を担っているのです。 自宅でのホワイトニングの希望者に対し、最初に歯科医院で歯型に合わせて、マウスピースがオーダーメイドで...

マウスピース ホワイトニング[2013年3月15日UP!]

効果を上げるためには、10分以上ブラッシングしたいところですが、泡立ちがあまりに良過ぎると、泡の存在が邪魔になって、ブラッシングを続ける意欲がそがれてしまうでしょう。 ホワイトニングは、歯科では過酸化水素が主流ですが、こういった成分は薬事法の制限を受け、歯磨き粉に勝手に配合することは法的に禁止されて...

ホワイトニング歯磨き粉[2013年3月15日UP!]

ホワイトニングは、歯科医の指導を受けて実施する方法が主流のようですが、特別仕様の歯磨き粉を購入して、自宅でも可能です。 効果を上げるまでに時間はかかるでしょうが、予算が限られている向きには、有望視されている方法です。 歯を白くするとうたった歯磨き粉は、ドラッグストアを始め、ネット通販で評判になってい...

ホワイトニング歯磨き粉[2013年3月15日UP!]

ホワイトニングは、歯ブラシの持ち方も重要なポイントです。 大方、手で握るように持って磨く人が多いと推察されますが、これだと余分な力が入り、歯や歯肉に大きな負担がかかります。 正しい持ち方は、ペンや鉛筆を持つような形です。 大多数の人にとっては、馴染のない持ち方でしょうから、慣れるまでは歯の奥や裏側は...

ホワイトニング歯ブラシ[2013年3月15日UP!]

ホワイトニングは、歯磨き粉やジェルの良し悪しの方ばかりに目が行きがちですが、歯ブラシにも細心の注意を図りたいところです。 材質、大きさなど、自分にとってベストの1本を選ぶことが、成功へのカギとなります。 歯ブラシの毛の硬さは、やわらかめ、ふつう、かための3分類が一般的ですが、ホワイトニングを主眼とす...

ホワイトニング歯ブラシ[2013年3月15日UP!]

ホームホワイトニングのメリットは、第一にはオフィスホワイトニングと比較して、安い費用で済むことにあります。 初回こそ3万円内外の費用が発生しますが、後は検針や薬剤の費用として1回につき5千円程度と、全体としての費用が抑えられ、お手頃感はあります。 自宅で行うホワイトニングは、白い歯へ至るまでに平均し...

ホームホワイトニング[2013年3月15日UP!]

歯科医院でのホワイトニングがオフィスホワイトニングなら、自宅で行うのがホームホワイトニングです。 最初に歯科医の指導を受け、通信教育よろしくホワイトニングを自宅で継続的に進める方法です。 ホームホワイトニングといえども、一度は歯科医院へ通院する必要があります。 そこでホワイトニングを自分で進める方法...

ホームホワイトニング[2013年3月15日UP!]

ただ、こうしたメリットは、一面ではデメリットになり得ます。薬剤が強めということは、歯肉への刺激が強くなることでもあり、オフィスホワイトニングでは、術後に知覚過敏に陥るケースは、かなりの高率で認められるのが現状です。 強い刺激が敬遠され、時間はかかっても良いから、もう少し穏やかなものをと、ホワイトニン...

オフィスホワイトニング[2013年3月15日UP!]

オフィスホワイトニングとは、審美歯科を中心とする歯科医院で施術してもらうホワイトニングのことです。 健康な歯の持ち主でも、白い歯を求めて歯科の門を叩くことは、今では当たり前の光景です。 オフィスホワイトニングに当たっては、歯科医の管理下で、過酸化水素などの漂白剤と特殊な光を用いて施術が進められます。...

オフィスホワイトニング[2013年3月15日UP!]