自宅でホワイトニング.comについて


「芸能人は歯が命!」

「芸能人は歯が命!」と平成生まれには馴染みの薄い、某歯磨き粉を皮切りに、今では一大市場を形成しています。
最近でも、分割ポリリン酸入りなど、評判の高い新成分配合など、進化を続けています。
本格的に歯の「美白」効果を上げたい向きには、審美歯科などで丸投げで取り組むのが賢明策です。
自宅でホワイトングを行うために、最初にマウスピースを作成してもらい、そこへ漂白剤を注入し、歯に装着し歯を白くしていくというものです。
この自宅でホワイトニングする方法は、ホームホワイトニングとも呼ばれます。
審美歯科などのオフィスホワイトニングと比較して、費用が安くなるメリットがある分、効果が現れるまで時間も手間もかかりますが、マイペースで歯を白くしていけるので、歯や歯肉にとっては優しい方法です。

芸能人や女子アナのような

芸能人や女子アナのような白く輝く歯を手に入れるには、実績のある審美歯科で処置してもらうと手っ取り早いのですが、自宅でホワイトニングという選択肢もあります。
イメージ的には、歯表面に色落ちしにくいマニキュアを塗るようなものでしょうか。
自宅でホワイトニングをするには、大きく2つの方法があります。
市販の歯磨き粉を購入して自分でやる簡単なものから、歯科医の指導の下、歯漂白のための専用マウスピースを作成することから始まる本格的なものまで、どの方法を採るか、予算や自分の歯の状態など応じた選択がなされることとなります。
ホワイトニングの本場アメリカでは主流となっている、自宅でホワイトニングが日本でも広まりを見せる中、専用の歯磨き粉はすっかりバリエーション豊富になっています。

その代わり、ホワイトニング効果が長持

その代わり、ホワイトニング効果が長持ちするメリットがあります。効果の持続期間は、オフィスホワイトニングが3か月から半年程度であるのに対し、自宅組は1、2年ほどと、コストパフォーマンス的にも申し分ありません。
歯の自宅ホワイトニングは、費用が比較的安く抑えられるのもメリットです。
初めこそ、マウスピースの作成に費用がかかりますが、ひな形を一度作ってしまえば、後は薬剤や検診に対する支払いだけになり、ランニングコスト的には十分引き合います。口コミや体験談を見るに、費用は初回が3万円ほど、後は1回につき5千円辺りというのが相場であるようです。
歯の自宅ホワイトニングは、自分の裁量による部分が大きいので、注意深く進める必要があります。
特に、医師から指示された用量や回数を厳守することは絶対です。
早く効果を得たいと一度に大量に使ったりしては逆効果になり、知覚過敏など副作用の引き金となることさえあります。

忙し過ぎて歯科へ通うのがままならない

忙し過ぎて歯科へ通うのがままならない、費用を安く上げたい、などのユーザーの需要の高まりもあって、歯の自宅ホワイトニングは、今ではかなりポピュラーな方法です。
今や白い歯は、身だしなみの一つとして重要度は高まる一方です。
歯の自宅ホワイトニングは、審美歯科などで最初に自分用のマウスピースを作成してもらえば、後は通う必要は原則としてありません。
定期的に、薬剤を注入したマウスピースを装着し、数十分から数時間、薬剤が歯に当たっている状態をキープするのです。
審美歯科でのオフィスホワイトニングが即効で効果が見込めるのに対し、歯の自宅ホワイトニングは、効果が現れてくるまでに時間はかかります。

歯のホワイトニングで痛みが続く

歯のホワイトニングで痛みが続くようなら、早めに歯科医に当たるのが賢明です。
セカンドオピニオンということで、他院にも当たることも必要になるかもしれません。
自宅でもフッ素入りの歯磨き粉が効果的との口コミがあり、試してみる価値はありそうです。
今や、分割ポリリン酸配合など、あまり歯にしみないタイプの薬剤が実用化される時代です。
歯科選びにしても、口コミや評判のチェックも欠かせませんが、公式サイトなどでその施術内容にまで踏み込んでチェックすることも、快適なホワイトニングに有効な対策方法です。

自宅でホワイトニング.comカテゴリー項目一覧

オフィスホワイトニング

ホワイトニング歯ブラシ

ホワイトニング歯磨き粉

ホームホワイトニング

マウスピース ホワイトニング

ミュゼ ホワイトニング

市販でホワイトニング

歯のホワイトニングと痛み

歯の自宅ホワイトニング

自宅でホワイトニング